5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

Archives: 2015/06/13

酒井ワイナリー「まぜこぜ」

Posted on

あったかくなると白ワイン。秋口からは赤ワイン。やはり人は正直です。ということでこの季節は白ワインがたくさん出ます。5th cafeでは日本のワインのみを常時12〜20種類取り揃えています。普段なかなか手に取りにくい日本ワインの魅力を楽しんでもらいたい、その想いから。実際飲むと美味しいんです。日本人の口に合う、それこそ遺伝子レベルで身体が馴染むのかもしれません(大袈裟?いえいえ「マドレーヌを紅茶に浸す」ようなものだと僕は思います)。

 

ジャン!

そんななか、先月からとても人気があるのがこの一本。

酒井ワイナリーさんの「まぜこぜワイン」!山形は南陽市赤湯のワイナリー。あの辺りは本当に一面葡萄畑です。山あいに広がる葡萄には圧倒させると思います。これからの季節は見頃でしょうね。僕も実家に帰るお盆あたりには必ず寄って、デラウェアを箱買いします。

さてこの「まぜこぜワイン」。説明書きに「我が家のワイン」とあるところがまたキュンキュンします。かいつまむと、自然にオリが沈んでくるのを待って上澄みを取り出す製法をとっている酒井ワイナリーさんの、オリの部分を全てまぜこぜにしてまた上澄みをとったのがこのワイン。珍しいですよね。じゃあ味は適当かといえば全くそんなことはなく。一言で言えば複雑系。甘くもあり辛くもある。フルーティでありながらしっかりしたボディも感じられる。基本的に軽やかな飲み口ですが、口のなかから鼻腔までいろんな表情を見せてくれるワインです。それでいて方向に統一感があるのは、やはりテロワールを一にした葡萄だからでしょうか。

 

まぜごぜー

ううむ。不思議だ。しかし美味い。赤も白もオススメです。むしろ一度飲んだ方がリピートしていくので、あまり勧めると即在庫が…(ちなみに白は後1本)

なので早い者勝ちです。これを逃すと次の入荷は来月頭(ワイナリーに在庫あれば)。。

しみじみ

 

今週は連日たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。お席がなかったお客様、本当に申し訳ありませんでした…いつもはほぼ必ずお席あるのが自慢なのですがね…(それはアカン)

昨日は竜司君のご両親がご来店くださいました。親御さんに来てもらえるお店って、やはり嬉しいです。竜司君はオープンからずっと頑張ってくれている唯一のスタッフです。彼無しでは5th cafeはあり得ませんでした。ありがとう竜司君。たまに図らずも物を壊す癖は直してくださいね。

写真はお土産のもみじ饅頭。僕は絶対に漉し餡派です。お茶は島根の玄米茶。メニューにあります。ここにタケチくんからいただいた和歌山の梅干しを落として飲むのが最近のブームです。梅干しにはクエン酸もあるので、夏バテ防止で今週末も頑張ります。