5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

Archives: 6月 2015

SUNS.EXE SHONANを応援しています!

Posted on

5th cafe Udagawaは、湘南に生まれた3人制バスケットボールチーム、

SUNS.EXE SHONAN のスポンサーとして、今シーズンのチームを応援することになりました!

 

「自然と足を運びたくなる居場所作り」

私たちはスポーツの可能性に魅せられながらも、
その可能性を活かすもう一歩を探し続けています。
人々はいったい何を求めて、集まるのだろうか?

SUNS.EXEの答えは自然と足を運びたくなる居場所を作る事です。

http://www.suns3x3.com/

素敵ですね!

彼らが活躍する3×3 PREMIER.EXE 2015シーズンも、スケジュールが出ています。

Round.1:6/7 (日) 名古屋オアシス21

Round.2:6/21(日) 札幌 千歳O/Lモール

Round.3:6/28(日) 長崎駅 かもめ広場


Round.4:7/12(日) 宇都宮 オリオンスクエア

Round.5:8/9 (日) 神戸 ハーバーランド

Round.6:8/23(日) まつりつくば2015スポーツパーク

Round.7:8/29(土) 横浜赤レンガ


Round.8:9/13(日) 六本木ヒルズ

Round.6からのつくば、横浜、六本木ヒルズ大会は、ぜひとも応援に行きたいところ。タイミング合えば皆さんも是非!夏祭り的に楽しめるイベントです。

IMG_4140

ユニフォームに注目!5th cafeのロゴ!

SUNS.EXE SHONANとのコラボイベントも企画中ですので、ご期待ください。

玄米茶と梅干し、「知ろうとすること。」、アジサイ。

Posted on

どうにも自分の感情のコントロールが難しかったり、たまにくたびれてしまったり。誰にでもありますよね。どうにかしてやり過ごそうと思いながら、苦しいなあと思ったり。もちろん僕にもあります。視野が狭くなっていくような感覚だったり、胸がゾワゾワしたりする。理由やきっかけは多分あまり大したことがなくて、感情だけが振れてしまっているような。

最近そんな時は、玄米茶に梅干しを入れて飲むのがお気に入り。

ほっこりしますわー。

 

さて今朝は山積みの仕事を前に、こちらを読んでいました。

「知ろうとすること。」(早野龍五・糸井重里著)

一時間ちょっとで読めます。ずっと気になっていたけれどやっと読んだ。お二人の語り口はスッと自然に頭に入ってくる言葉で、更にストンと腑に落ちる内容なので、とてもスムーズに理解ができた。なにより糸井さんの聴き上手なことに舌を巻く。ラドンのくだり、相槌が軽妙で、話はいつの間にか宇宙の誕生まで拡がっていくというね。

震災直後のTwitterで早野さんの淡々とした語り口に、幾分か冷静さを取り戻させてもらったことと共に、あの数日の異様な「うねり」のような心情心理を思い出したりもして、それから比べたら、今は普通の生活ができている分だけ幸せだと思わねばですね。

それにしても、本にカバーは全くかけないひとなので、文庫本を綺麗に読める人を尊敬しますね。。この本はお店に置いておきますので、カウンターで本を読みながら一杯…なんていう使い方もどうぞ。そうね。これから読書もできるダイニングバーにしましょうか。暗いから目が悪くなるかもだけどね…

いつの間にか季節がアジサイを連れてきました。 いろんな形があるんですね、アジサイ。彩りも。去年まではあまり意識しなかったけど、これも歳をとったからでしょうか。悪くないですね。


シラスとジェノベーゼのミニピザ。人気です。ベースに秘伝の「イカチョビ」薄く塗って、アクセントに国産レモンを。

今日はサッカーの代表戦も流そうと思いますので、このピザと軽めの赤ワインをグラスで…なんていうのもオツですね。お待ちしています。

満員御礼の週末、そしてネギくん近況など。

Posted on

深夜の5th cafeからこんばんは。この週末はたくさんのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。お席ご用意できなかったお客様、本当に申し訳ありません。いつもはそんなことありませんので…(いつも満席になってほしいなあ)。

さて、仕込みに追われた週末でありました。今日はなんと23時からピタブレットを仕込む姿が。


        
こねてますね。一心不乱にこねています。この後二度の発酵を経て、1時過ぎにようやく焼きあがりました。


ペコロスも剥きました。

小一時間後にはピクルスに。3日くらい漬け込みたいと思います。らっきょみたいになるのかな。

 ところでこちらはご存知ですか?

ピーマンの種です。久松農園さんのピーマン。鮮度高いので、こちらもいつもは炙ってハタケに載せます。「種まで食べられるの?」という驚きと食感で、好評なのです。

軽く塩して炙ります。

ちなみに僕は密集恐怖症のけがあるので、これはヒジョーに苦手な絵です。仕事ですからアップしますが、かなり鳥肌たっています。美沙緒ちゃんは余裕だそうです。人間苦手なものは異なるものです。ちなみに美沙緒ちゃんに苦手なものを聞いたら「パクチーと数字」だそうです。前者は別にいいですが、後者はなんとかしてもらいたいものですね。

 片付けもようやく終わりそうです。美沙緒ちゃんがキノコの発注数がわからずウンウン言っているとなりで、草木にお水もあげました。タッパーカランコエたちはこの姿になってから10日くらいでしょうか。なんの迷いもなく順調に根を張りつつあります。巷で話題のネギくんも、外に4日ほど出す荒業を乗り切って、ますます元気になりました。もう心配はなさそうですね。

さあまた新しい一週間が始まります。5th cafeでは新メニュー続々登場。


皆さんのお越しをお待ちしております。

 

最近のきれいな色を色々。

Posted on

 

マリネにします。

 

からし菜。華があります。

 

ネギくん。最近はスクスク。

 

ズッキーニとスティックセニョール。

 

トマト。どんどん美味しくなっていくんだろうな。

手抜きじゃないよ!絶賛仕込み中!

来週は月曜火曜水曜が狙い目ですよー。

酒井ワイナリー「まぜこぜ」

Posted on

あったかくなると白ワイン。秋口からは赤ワイン。やはり人は正直です。ということでこの季節は白ワインがたくさん出ます。5th cafeでは日本のワインのみを常時12〜20種類取り揃えています。普段なかなか手に取りにくい日本ワインの魅力を楽しんでもらいたい、その想いから。実際飲むと美味しいんです。日本人の口に合う、それこそ遺伝子レベルで身体が馴染むのかもしれません(大袈裟?いえいえ「マドレーヌを紅茶に浸す」ようなものだと僕は思います)。

 

ジャン!

そんななか、先月からとても人気があるのがこの一本。

酒井ワイナリーさんの「まぜこぜワイン」!山形は南陽市赤湯のワイナリー。あの辺りは本当に一面葡萄畑です。山あいに広がる葡萄には圧倒させると思います。これからの季節は見頃でしょうね。僕も実家に帰るお盆あたりには必ず寄って、デラウェアを箱買いします。

さてこの「まぜこぜワイン」。説明書きに「我が家のワイン」とあるところがまたキュンキュンします。かいつまむと、自然にオリが沈んでくるのを待って上澄みを取り出す製法をとっている酒井ワイナリーさんの、オリの部分を全てまぜこぜにしてまた上澄みをとったのがこのワイン。珍しいですよね。じゃあ味は適当かといえば全くそんなことはなく。一言で言えば複雑系。甘くもあり辛くもある。フルーティでありながらしっかりしたボディも感じられる。基本的に軽やかな飲み口ですが、口のなかから鼻腔までいろんな表情を見せてくれるワインです。それでいて方向に統一感があるのは、やはりテロワールを一にした葡萄だからでしょうか。

 

まぜごぜー

ううむ。不思議だ。しかし美味い。赤も白もオススメです。むしろ一度飲んだ方がリピートしていくので、あまり勧めると即在庫が…(ちなみに白は後1本)

なので早い者勝ちです。これを逃すと次の入荷は来月頭(ワイナリーに在庫あれば)。。

しみじみ

 

今週は連日たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。お席がなかったお客様、本当に申し訳ありませんでした…いつもはほぼ必ずお席あるのが自慢なのですがね…(それはアカン)

昨日は竜司君のご両親がご来店くださいました。親御さんに来てもらえるお店って、やはり嬉しいです。竜司君はオープンからずっと頑張ってくれている唯一のスタッフです。彼無しでは5th cafeはあり得ませんでした。ありがとう竜司君。たまに図らずも物を壊す癖は直してくださいね。

写真はお土産のもみじ饅頭。僕は絶対に漉し餡派です。お茶は島根の玄米茶。メニューにあります。ここにタケチくんからいただいた和歌山の梅干しを落として飲むのが最近のブームです。梅干しにはクエン酸もあるので、夏バテ防止で今週末も頑張ります。

夏野菜の季節です。

Posted on

今日はまさに模範的な梅雨入り後の空模様ですね。

自分は山形の出身ですが、高校生の時はこの季節の空の感じがとても嫌いでした。盆地で周りは四方八方山に囲まれ、鈍色の雲に覆われる…

でも今思えば、そこはとても美しい田園風景だったのだろうなと思います。草木は緑を濃くし、紫陽花がそこかしこに色とりどりに咲いていて、ツバメが巣を張り、夜は蛙が大合唱。エアコンなんてもちろん家にも学校にもありませんでしたから、梅雨時の湿り気とひんやりとした空気感は、今も肌感覚に残っています。都会ではなかなかに忘れがちな感覚ですが…

 

ジャン!

 

届き始めました。夏野菜。トマトは初物としてはしっかり味が乗っています。少しシャリシャリと固めの食感も初!という感じです。

 

ジャジャン!

ピーマン。こちらもお初。塩を振って軽く炙って、種ごと召し上がっていただきます。瑞々しさと香ばしさが絶妙です。

 

ジャジャジャン!

そして名物のHATAKEです。

この彩りを見ると、ああこの季節がやってきたなあと感じます。夏が近づいてきました。

5th cafeももうすぐ2周年。

限定メニュー!セロリ編

Posted on

最近なかなかに忙しくさせてもらっていて、新しいメニューを撮影することができていません。。写真を撮る前に旬が終わるという悲劇的なメニューも…(嗚呼ルッコラよ蛤よ)

そんな訳でお客様に撮ってもらいます。梅野さんいつも素敵な写真をありがとうございます!


大山鶏の胸肉を自家製ハム仕立て。セロリとオレンジをアクセントに。

元は久松農園さんのセロリを味わってほしい!という想いからスタートしたこのメニュー。まさかのセロリ終了という憂き目に負けず、めでたくメニューインを果たしました。

香り豊かで、味も深い久松農園さんのセロリ。とはいえ苦手意識の強いセロリをどうエスキスとして口にしていただけるか。

はじめはこんな感じの試作でした。

こんなに胸肉食べたの初めてだわ竜司君。いっとき毎日食べました。


それがこうなりました。

鳥の胸肉には疲労回復物質がたくさん含まれているのだそうです。なので我々は疲れ知らずです。なにせあんなに食べましたからね胸肉。

↓こんなメニューもありました。

でっかいはまぐりをゴロゴロセロリとケルナー種のワインで蒸した、名前もないまま一食だけ召し上がっていただいたメニュー。美味しかったなあ。試作も。

しかし時間というのは残酷です。誰しも平等に過ぎていきます。はまぐりのメニューはまた来年。ハム是非食べてね。汗と涙と工夫と試行錯誤が詰まって、より美味しくなっています。
今週の空席状況です。

11日〜14日まで、ありがたいことにテーブルは満席です。美沙緒さんが昨日のお休みで日本酒のセミナー行ってきたみたいですので、カウンターで成果を聞けるかもしれませんよ!美沙緒さんお願いしますね!

今月は18、19、21、23、30日に貸切をいただいています。時間帯によってご案内も出来ますので、お気軽にお電話ください!

03-6455-1939

フリーWiFi使えるようにしました。

Posted on

火・木・金・土・日の16時からカフェタイム。

今日から5th cafeのWiFiをフリーで使っていただけるように設定しました。


図らずも只今理想的な使い方をしていただいてます。(カフェタイムは月・水休みだよ!笑)

ワーキングスペースとしても使っていただけるようにと思っています。

もちろんコーヒーは美味しいよandマフィンも美味しいよ!


こちらは本日のマフィン。レモンカスタードフィリング。マフィンおじさん今日も老体に鞭打ち頑張ります。

 

久松農園さんの野菜ジュース!

Posted on

大好評、久松農園さんの野菜ジュース。

トマトジュースに加え、にんじんジュース、ただいまです!


トマトは久松農園さんの顔と言っても良いのではという野菜のひとつ。味を整えるお塩は、5th cafeでおなじみの糸島「またいちの塩」(にんじんジュースも)。エグミがなくさらさらと、しかししっかりと味の乗った、トマトジュース好きには堪らない味です。

にんじんジュースは、塩の他に国産レモン。まるでリンゴのような香りと、自然な甘み。にんじんってこんな甘みがあったの?と驚くこと請け合いのネクタータイプです。

どちらも冷やしてご用意します。また、お土産用にも2本セットでご用意できますので、ご家族にもお裾分けして欲しい!

こちらもちろんカフェタイムからの提供です。

そして今日も農園から野菜が届きました。



こんな風に、とても丁寧に包まれて届きます。久松農園さんの野菜は姿かたちがとても綺麗なことも、特筆に値します。ベテランスタッフさんたちの仕事っぷりが光りますね。

僕はといえば、少々お疲れ気味…

頂き物の和歌山の梅干しを、扇原茶園さんの玄米茶にいれて飲んでいます。タケチくんありがとう。

スパークリング日本酒「すず音」再入荷!

Posted on

久しぶりの登場です。

スパークリング日本酒「すず音」、多くのリクエストにお応えして3種類届きましたよ〜。

ジャン!すず音3人衆

ジャン!すず音3人衆

一番左は、よく見かけることもありますね。スパークリング日本酒のファーストランナー、「すず音」選手です。

IMG_8393

一ノ蔵の鈴木社長に以前お話を伺いました。

瓶内発行させる「すず音」を作る過程の当初の困難(コントロールが難しく、時に破裂するので、フルフェイスのヘルメットを着用していた、、、など)や、発泡性の日本酒への理解が乏しく、こんな酒売れないと突き返されたり、、、と。

スパークリング日本酒が一斉を風靡している今となっては考えられないですが、それらを乗り越えてきた「すず音」には、伝統と確信をまとった風格すら感じられます。

IMG_8398

そしてこちらはとても華やかなボトル「花めくすず音」。

地元産の黒豆・黒紫米を抽出した色合いを加味し、ほんのりピンク色。女性に是非オススメしたい一本です。デートでまずは「花めくすず音」で乾杯。なんて楽しみ方もアリですよ5th cafeをご利用の紳士の皆様!

そして中央にあった、見慣れない「すず音」。

IMG_8400

こちら、「すず音 GALA」。

まだ試験的に酒販店を限定して取り扱っている、生産量も完全限定の「すず音」です。

アルコール度数を9%(通常の「すず音」は5%程度)と高めに設定。甘すぎず上品な味わいは、酒サムライのルイスさんをして「シャンパンに負けないよ!」と言わせしめた一本。こちらは数量完全限定の入荷です。値段は少し高めですが、その価値は十二分にあります。

 

東京もそろそろ梅雨入りでしょうか。ジメッとした空気を、シュワシュワでスッキリ。「すず音」、おすすめですよ。

 

今週は8日(月)〜11日(木)の平日が、まだお席にゆとりございます。週末はワイワイとカウンターでお待ちしています。

ディープに飲みたい方は月〜水にカウンターで。日本酒もワインも種類豊富ですのでどんど来い!という感じです。隠しているお酒も出しちゃうぞ!