5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

menu

増島農園さんの茸マリネと目玉おやじ

Posted on

今週から、懐かしの好評メニューが復活します。

第1弾はこちら。静岡県伊豆の国市、「誇り高き百姓品質」増島農園さんのきのこマリネ。

白あわび茸、やなぎのこ、たもぎ茸の3種類のキノコを、飯尾醸造さんの富士酢とハーブでマリネします。ポイントはマリネ前にキノコそのものの水分でゆっくり蒸しながら炒めること。キノコの豊かな香りと食感をそのままに、まろやかに。

ファイル 2016-02-01 14 27 54

白の日本ワインと合わせても、フォカッチャに乗せて召し上がっていただいてもOK。

特にワインは、デラウェアやナイアガラなどの、いわゆるラブラスカ種のワインとの相性がいいように思います。もしかしたら日本人の古くからの味覚にあっているのかもしれませんね。

 

ちなみにこちらは、昨年末に増島さんより届いたクリスマスカード(笑)

ファイル 2016-02-01 14 39 03

いつも注文の際にスタッフと文通していただいている増島さん。

12月はこのカードに精神的に助けられました…

水木しげるさんよ永遠に。

牡蠣と芽キャベツのアヒージョ&「富久長 海風土」!

Posted on

12592038_10207405724834264_1738027172_o

新メニューです。芽キャベツのほろ苦さと旨味滋味を存分に楽しめるお料理ですよー。

畑の芽キャベツが無くなり次第終了ですので、早い者勝ちです!

自家製のフォカッチャと合わせて。

また、こんな日本酒もありますよ!

ファイル 2016-01-26 15 16 24

今田酒造本店さんより、「富久長 海風土(sea food)」!

白麹で酸を立たせて、海産系の洋食に合わせることを考えた日本酒だそうです。

好みだなー。

今日の黒板1月26日

Posted on

image

「プチベール」って美沙緒さんよ、、、

「牡蠣と芽キャベツのアヒージョ」、こちらもオススメです!

 

プチヴェール!

Posted on

一気に寒くなりましたね。

久松農園さんから届く野菜もそろそろ冬本番。種類が少なくなり、残った品目は冬の寒さによって味を増していきます。

プチヴェールもいよいよ終盤でしょうか。

芽キャベツとケールのあいの子、プチベール。結球しない芽キャベツで、こんな感じに生えています。

ファイル 2016-01-26 16 05 19

あまり良くわかりませんが…

ファイル 2016-01-26 16 03 19

こんな感じ。コロコロしてかわいい。

そんなプチヴェール、実はカルシウムは牛乳の4倍、ビタミンEはほうれん草の2倍!などなど、栄養価も非常に高くて、しかも美味しい野菜です。

今日から残り僅かなプチヴェールがなくなるまで、パスタメニューに。

プチヴェールのパスタ

プチヴェールの甘味を引出し、ほんのりとした苦みを少量のトマトソースで包んで召し上がっていただきます。

 

今週は今日26日、27日と金曜29日に未だ空席あります。

30日は貸切、28日はカウンターのみのご案内となります。

1月も残り僅かですねー。(更新をしていなかったことには触れない)

 

秋の味覚登場してます!

Posted on

先日の大雨にて被災された方々には心からお見舞い申し上げると共に、早期の復旧を心よりお祈り申し上げます。

個人的にも、甚大な被害に合われた常総市は、学生の時に何度か訪れたことがあったり、友人の実家があったりと、他人ごとではなく感じています。天災においては人間の非力さを改めて痛感させられますが、微力でも何かできないかと思っております。

 

東京、渋谷は昨日、ようやく晴れ間が訪れました(と思ったら突然の土砂降りに見舞われましたが…)

9月に入ってから、はじめての太陽だったように思います。8月下旬以降、天候に恵まれず、飲食店としてやきもきしていますが、農業に携わっている方々のことを考えるとまだまだ全然。自然を相手にするということの難しさを感じさせられます。

そんな中、久松農園さんからはちゃんと野菜が届きました。

ファイル 2015-09-12 13 17 38

簡単に言いましたが、この「ちゃんと」ということが実は本当に有難い。

「鮮度高く」=「到着前日の、ぬかるみ冠水した圃場からでも収穫作業を行い」

「状態良く」=「大雨や極度の日照不足でも品質の劣化が無く」

「定期的に」=「劣悪な天候でもスケジュール通りに」

「適正価格で」=「価格の高騰などなく」

届けてくれる農園があるからこそ、5th cafe Udagawaではお客様に自信を持って料理を届けられます。もちろん、他のお取引のある生産者さんにも言えることですが、このような状況下でも我々が仕事ができるのは、こういったプロフェッショナルな生産者の皆さんのおかげであると、改めて実感するとともに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

ファイル 2015-09-12 13 29 30

 

先日のHATAKEの様子。写真はお客様に送って頂きました(目の前で笑)

 

さて季節も一気に秋になりました。秋といえばひやおろしの季節ですね!

 

 

 

 

ファイル 2015-09-12 13 11 15

続々入荷中!昨日は営業中に美沙緒さんがアリサワ醸さんの「文佳人」ひやおろしを持ってきてくれました。

そして秋といえば秋刀魚!

ファイル 2015-09-12 13 08 49

 

じっくり低温で4時間、増島農園さんのキノコたちとともにコンフィに。

色艶そのまま、身にはオリーブオイルの香りを纏い、骨まで食べられるコンフィ完成です。

ファイル 2015-09-12 13 33 07

ファイル 2015-09-12 13 33 23

秋刀魚くん。愛してやまないお魚。秋になると無性に食べたくなりますね。

先日はまかないで塩焼きに。竜司くんと話していたのですが、個人的に好きな魚のツートップは、

2位:さんま

1位:いわし

でした。別に行数使うまでもないですね。。。

そうそう、好きな魚といえばサバも。

ファイル 2015-09-12 13 40 02

 

サバを野菜出汁と白ワインビネガー、富士酢でマリネして、(個人的に懐かしの)炙る。

アンチョビ風味の焦がしバターで風味豊かに仕上げます。

写真は真サバですが、旬のゴマサバが仕入れられた時に作ります。その時はフェイスブックページでお知らせしますね!

他にも手間ひまかけたオーブン煮込み料理、パスタなど新作どんどん投下中です!

秋の味覚を5th cafeでお楽しみ下さい!

 

 

 

和牛モツと増島農園さん白アワビ茸のアヒージョ仕立て・緑と赤。ウマーな新メニュー!

Posted on

暑いですね。暑いです。

東京は記録的な猛暑日が続いているとのこと。


そんな暑さを吹き飛ばす、ウマーなメニューが出来ました!

鮮度の高い和牛のモツ。

驚くほど臭みがなく、甘い!プリップリ、コリッコリです。

それに増島農園さんのジューシーな白アワビ茸がお供します。
ベースには増島さんの「タモさん」ことたもぎ茸。

一度ローストして干したものからお出汁と香りを移し、

ニンニクと唐辛子で風味を、

刻んだベーコンでコクをプラス。

仕上げに純米酒で爽やかに。
「5th cafeでモツ鍋が食べたい!」というワタシの

オープン以来の宿願が叶った瞬間です。

是非竜司君お手製のフォカッチャとともに。

ただ鮮度重視ですので、モツの在庫が無くなり次第終了です。。
そしてもう一品は、「緑と赤」。再度紹介。

旬爆発の久松農園さんのピーマンと甘長唐辛子。


くんずほぐれず。

こちらを油に通し香りを移して仕上げたトマトソースでマリネします。


日本ワインのキュッと冷やした白、

今でしたら「月山ワイン」の甲州シュールリーや、

「中央葡萄酒」のグリド甲州と合わせてみたい。
某農園の「エロうま」ではないですが、

夏はこういった、少しセクシーな大人の料理を

食べたくなりません?
5th cafeは14日まで休まず営業します。

週末は16時からカフェタイムもオープン。

暑さに負けそうな時は気軽にどうぞ!
今晩のご予約も、サイト右(スマホの方はサイト下部)の

一休レストランからご予約いただけます。

もちろんお電話が一番おすすめです。

03-6455-1939

15時以降でしたら確実につながります。
それではみなさんのお越しをお待ちしております!

緑と赤!

Posted on

久松農園さんのピーマン、今年は特に美味しい!

香り高く身もしっかり。

ちなみにピーマンは軸の周りが怒り肩のように高くなっているのが

いいピーマンの証拠だそうです。

まさにまさに。甘長とうがらしと並んで美男子っぷりです。


彼ら緑族の夏を永遠に閉じ込めたい!

そんなメニューができました。

 

ジャン!

「緑と赤〜ピーマンと甘長とうがらしの冷製トマトソース和え」

素揚げした緑たちに、その香りを移したトマトソースを。

鼻腔をくすぐる夏のかほり、

ほろ苦いあの夏祭りの夜…

花火の煙と君の浴衣姿が目にしみて…

おっと妄想が

スターターとして、きりっと冷やした日本ワインに合わせてどうぞ!


この前の太陽、綺麗でしたねえ。

今日の黒板!

Posted on


5th cafeは今日も営業中!

今日の黒板です。

久松農園さんの姫じゃがを皮ごとローストし、

特製サルサ・ヴェルデソースで。

ソースのイタリアンパセリも久松農園さん。

エグミがなく香りたっぷりソースに閉じ込めました。


そしてこちらも今日から!

夏野菜たっぷり。お出汁香るトマト素麺!


夏ですから!

飯尾醸造さんの富士酢で酸味を、

ミツル醤油さんの生成りでコクをプラス。

季節限定です!

今日の黒板!

Posted on


仲江画伯作ですね。

久松農園さんの香り豊かなイタリアンパセリに、トマトの味わいともち麦の食感をプラス。

ライム風味でさっぱりといただけます。

デトックスにもなるかも!
大好評和牛のハチノスはカジョス仕立てで。

ますます腕に磨きをかけております!
増島農園さんのキノコはローストしてドライに。

噛むほどに広がる出汁は、日本ワイン、特に酸味とのバランスが取れた赤と合わせたいところ。
暑気払い、今日もお待ちしております!

今日の黒板!

Posted on


増島農園さんのきのこはローストしてドライに。オリーブオイルとまたいちの塩で日本ワインに合わせて。

蝦夷鹿肉はカチャトーラ(漁師風)に。トマトと赤ワインビネガーの酸味が食欲をそそります!

好評、カキと自家製セミドライトマトのオイル漬け。お代わり多数!

久松農園さんのイタリアンパセリは、トマトともち麦をサラダ仕立てにして。デトックス効果もありそう。