5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

menu

梅雨の晴れ間。

Posted on

今日は貸切営業4デイズのなか日です。連日たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございます。


13時。竜司君が早出で仕込みをしてくれていました。 これからピタブレッドとフォカッチャを焼き上げます。そんな朝(飲食店的表現)の様子。


久松農園さんのキャロットラペ。今日からお目見えです。この季節は、酸味があるものが食欲をそそりますね。増島農園さんのキノコのマリネとともに、白ワインと合わせたら美味しそう。また、どちらも富士酢が活躍していますので、日本酒との相性も良いと思います。

あっという間に売り切れたすず音も復活。爽やかな甘みにも合わせて面白いはず。
暑い時は暑いなりの楽しみ方、ありますよね。夏バテなんてしていられない!まあ明日は雨らしいですが。せっかくの週末、晴れてる間に出かけましょう!

今週の日本酒ラインナップだZ!

Posted on

竜司くんのご両親にいただきました。岩国五橋の「five」。これ旧字体の五なんだそうです。Zに見えますよね…それにしても美味しかった!ありがとうございました。
ついに東京も梅雨っぽい感じになってきました。今日は外に出るときに窓を閉めてきたかが心配でなりません。

僕の住んでいるところはまあいい感じの住宅街で、当然近くには線路だったりそれなりに交通量の多い道路だったりがあるのですが、不思議に全く騒音という騒音がありません。ちょっと怖いくらいに静寂です。多分実家よりも静か。そして聞こえてくるのは鳥のさえずりだったり雨音だったり。なんだか森の中のような錯覚さえ覚えたり…は流石にしませんね。言い過ぎました。それでもノイズから耳を開放してあげられるのはそれだけでご褒美だったりします。

最近のお気に入りは、窓を開けて、小さなソファ(居抜きで譲ってもらった)に座って外をぼんやり眺めること。と言っても大抵は忙しくてそれもできませんが、たまーに2、3分そうするだけで、少し落ち着くことができます。雨音もなかなか豊かなものです。

 

さて大好評完売のすず音様、3本とも再入荷です。

スタンダードなすず音さん、ファン多いですねー。驚きました。デートにぴったりな爽やかなピンク色の「花めくすず音」、完全限定の「すず音 GALA」。梅雨時のジメッとした空気を変えてくれること請け合いです。

そして今週の日本酒。食中酒として楽しんでいただけるラインナップを揃えてみました。

佐渡ヶ島の「真野鶴」。純米辛口の決定版と言って良し。10年ぶりに取り扱いましたが、安定過ぎる。

和歌山の「黒牛」。こちらは僕が日本酒を好きになるきっかけとなった一本です。先日杜氏さんもいらしていただきました。

秋田「白瀑」、こちらも個人的に懐かしの一本。蔵元の山本さんにお会いしたとき、あまりに白瀑のファンだったのできょどってしまったのが懐かしい。

北海道「えぞ乃熊」初お目見えです。生酒ですがくどくなく、爽やかな風味。お試しあれ。

夏酒もどんどんでてきていますが、この季節はこういった定番のお酒もまた美味しく感じます。特に冷房にやられ気味の方は、ぬる燗とかも良いですね。個人的には燗冷ましが最近のマイブームなワタシです。
今週末の空席状況です。

木曜日・21時まで貸切です。22時頃からご案内できるかと思います。カフェタイムは16時〜17時30分までとさせていただきます。

金曜日・20時より貸切です。カフェタイムを15時からオープンします。

土曜日・カウンターでご案内できます。テーブルも21時過ぎより順次空いてくるかと思います。

日曜日・17時より貸切です。カフェタイムはお休みします。20時過ぎよりご案内できるかと思います。

少し変則的になりますが、お席まだご用意できますのでお気軽に お問い合わせくださいね。

03-6455-1939

※今週末はネット経由のご予約は閉じています。お電話にてお問い合わせください。

玄米茶と梅干し、「知ろうとすること。」、アジサイ。

Posted on

どうにも自分の感情のコントロールが難しかったり、たまにくたびれてしまったり。誰にでもありますよね。どうにかしてやり過ごそうと思いながら、苦しいなあと思ったり。もちろん僕にもあります。視野が狭くなっていくような感覚だったり、胸がゾワゾワしたりする。理由やきっかけは多分あまり大したことがなくて、感情だけが振れてしまっているような。

最近そんな時は、玄米茶に梅干しを入れて飲むのがお気に入り。

ほっこりしますわー。

 

さて今朝は山積みの仕事を前に、こちらを読んでいました。

「知ろうとすること。」(早野龍五・糸井重里著)

一時間ちょっとで読めます。ずっと気になっていたけれどやっと読んだ。お二人の語り口はスッと自然に頭に入ってくる言葉で、更にストンと腑に落ちる内容なので、とてもスムーズに理解ができた。なにより糸井さんの聴き上手なことに舌を巻く。ラドンのくだり、相槌が軽妙で、話はいつの間にか宇宙の誕生まで拡がっていくというね。

震災直後のTwitterで早野さんの淡々とした語り口に、幾分か冷静さを取り戻させてもらったことと共に、あの数日の異様な「うねり」のような心情心理を思い出したりもして、それから比べたら、今は普通の生活ができている分だけ幸せだと思わねばですね。

それにしても、本にカバーは全くかけないひとなので、文庫本を綺麗に読める人を尊敬しますね。。この本はお店に置いておきますので、カウンターで本を読みながら一杯…なんていう使い方もどうぞ。そうね。これから読書もできるダイニングバーにしましょうか。暗いから目が悪くなるかもだけどね…

いつの間にか季節がアジサイを連れてきました。 いろんな形があるんですね、アジサイ。彩りも。去年まではあまり意識しなかったけど、これも歳をとったからでしょうか。悪くないですね。


シラスとジェノベーゼのミニピザ。人気です。ベースに秘伝の「イカチョビ」薄く塗って、アクセントに国産レモンを。

今日はサッカーの代表戦も流そうと思いますので、このピザと軽めの赤ワインをグラスで…なんていうのもオツですね。お待ちしています。

満員御礼の週末、そしてネギくん近況など。

Posted on

深夜の5th cafeからこんばんは。この週末はたくさんのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。お席ご用意できなかったお客様、本当に申し訳ありません。いつもはそんなことありませんので…(いつも満席になってほしいなあ)。

さて、仕込みに追われた週末でありました。今日はなんと23時からピタブレットを仕込む姿が。


        
こねてますね。一心不乱にこねています。この後二度の発酵を経て、1時過ぎにようやく焼きあがりました。


ペコロスも剥きました。

小一時間後にはピクルスに。3日くらい漬け込みたいと思います。らっきょみたいになるのかな。

 ところでこちらはご存知ですか?

ピーマンの種です。久松農園さんのピーマン。鮮度高いので、こちらもいつもは炙ってハタケに載せます。「種まで食べられるの?」という驚きと食感で、好評なのです。

軽く塩して炙ります。

ちなみに僕は密集恐怖症のけがあるので、これはヒジョーに苦手な絵です。仕事ですからアップしますが、かなり鳥肌たっています。美沙緒ちゃんは余裕だそうです。人間苦手なものは異なるものです。ちなみに美沙緒ちゃんに苦手なものを聞いたら「パクチーと数字」だそうです。前者は別にいいですが、後者はなんとかしてもらいたいものですね。

 片付けもようやく終わりそうです。美沙緒ちゃんがキノコの発注数がわからずウンウン言っているとなりで、草木にお水もあげました。タッパーカランコエたちはこの姿になってから10日くらいでしょうか。なんの迷いもなく順調に根を張りつつあります。巷で話題のネギくんも、外に4日ほど出す荒業を乗り切って、ますます元気になりました。もう心配はなさそうですね。

さあまた新しい一週間が始まります。5th cafeでは新メニュー続々登場。


皆さんのお越しをお待ちしております。

 

酒井ワイナリー「まぜこぜ」

Posted on

あったかくなると白ワイン。秋口からは赤ワイン。やはり人は正直です。ということでこの季節は白ワインがたくさん出ます。5th cafeでは日本のワインのみを常時12〜20種類取り揃えています。普段なかなか手に取りにくい日本ワインの魅力を楽しんでもらいたい、その想いから。実際飲むと美味しいんです。日本人の口に合う、それこそ遺伝子レベルで身体が馴染むのかもしれません(大袈裟?いえいえ「マドレーヌを紅茶に浸す」ようなものだと僕は思います)。

 

ジャン!

そんななか、先月からとても人気があるのがこの一本。

酒井ワイナリーさんの「まぜこぜワイン」!山形は南陽市赤湯のワイナリー。あの辺りは本当に一面葡萄畑です。山あいに広がる葡萄には圧倒させると思います。これからの季節は見頃でしょうね。僕も実家に帰るお盆あたりには必ず寄って、デラウェアを箱買いします。

さてこの「まぜこぜワイン」。説明書きに「我が家のワイン」とあるところがまたキュンキュンします。かいつまむと、自然にオリが沈んでくるのを待って上澄みを取り出す製法をとっている酒井ワイナリーさんの、オリの部分を全てまぜこぜにしてまた上澄みをとったのがこのワイン。珍しいですよね。じゃあ味は適当かといえば全くそんなことはなく。一言で言えば複雑系。甘くもあり辛くもある。フルーティでありながらしっかりしたボディも感じられる。基本的に軽やかな飲み口ですが、口のなかから鼻腔までいろんな表情を見せてくれるワインです。それでいて方向に統一感があるのは、やはりテロワールを一にした葡萄だからでしょうか。

 

まぜごぜー

ううむ。不思議だ。しかし美味い。赤も白もオススメです。むしろ一度飲んだ方がリピートしていくので、あまり勧めると即在庫が…(ちなみに白は後1本)

なので早い者勝ちです。これを逃すと次の入荷は来月頭(ワイナリーに在庫あれば)。。

しみじみ

 

今週は連日たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。お席がなかったお客様、本当に申し訳ありませんでした…いつもはほぼ必ずお席あるのが自慢なのですがね…(それはアカン)

昨日は竜司君のご両親がご来店くださいました。親御さんに来てもらえるお店って、やはり嬉しいです。竜司君はオープンからずっと頑張ってくれている唯一のスタッフです。彼無しでは5th cafeはあり得ませんでした。ありがとう竜司君。たまに図らずも物を壊す癖は直してくださいね。

写真はお土産のもみじ饅頭。僕は絶対に漉し餡派です。お茶は島根の玄米茶。メニューにあります。ここにタケチくんからいただいた和歌山の梅干しを落として飲むのが最近のブームです。梅干しにはクエン酸もあるので、夏バテ防止で今週末も頑張ります。

夏野菜の季節です。

Posted on

今日はまさに模範的な梅雨入り後の空模様ですね。

自分は山形の出身ですが、高校生の時はこの季節の空の感じがとても嫌いでした。盆地で周りは四方八方山に囲まれ、鈍色の雲に覆われる…

でも今思えば、そこはとても美しい田園風景だったのだろうなと思います。草木は緑を濃くし、紫陽花がそこかしこに色とりどりに咲いていて、ツバメが巣を張り、夜は蛙が大合唱。エアコンなんてもちろん家にも学校にもありませんでしたから、梅雨時の湿り気とひんやりとした空気感は、今も肌感覚に残っています。都会ではなかなかに忘れがちな感覚ですが…

 

ジャン!

 

届き始めました。夏野菜。トマトは初物としてはしっかり味が乗っています。少しシャリシャリと固めの食感も初!という感じです。

 

ジャジャン!

ピーマン。こちらもお初。塩を振って軽く炙って、種ごと召し上がっていただきます。瑞々しさと香ばしさが絶妙です。

 

ジャジャジャン!

そして名物のHATAKEです。

この彩りを見ると、ああこの季節がやってきたなあと感じます。夏が近づいてきました。

5th cafeももうすぐ2周年。

限定メニュー!セロリ編

Posted on

最近なかなかに忙しくさせてもらっていて、新しいメニューを撮影することができていません。。写真を撮る前に旬が終わるという悲劇的なメニューも…(嗚呼ルッコラよ蛤よ)

そんな訳でお客様に撮ってもらいます。梅野さんいつも素敵な写真をありがとうございます!


大山鶏の胸肉を自家製ハム仕立て。セロリとオレンジをアクセントに。

元は久松農園さんのセロリを味わってほしい!という想いからスタートしたこのメニュー。まさかのセロリ終了という憂き目に負けず、めでたくメニューインを果たしました。

香り豊かで、味も深い久松農園さんのセロリ。とはいえ苦手意識の強いセロリをどうエスキスとして口にしていただけるか。

はじめはこんな感じの試作でした。

こんなに胸肉食べたの初めてだわ竜司君。いっとき毎日食べました。


それがこうなりました。

鳥の胸肉には疲労回復物質がたくさん含まれているのだそうです。なので我々は疲れ知らずです。なにせあんなに食べましたからね胸肉。

↓こんなメニューもありました。

でっかいはまぐりをゴロゴロセロリとケルナー種のワインで蒸した、名前もないまま一食だけ召し上がっていただいたメニュー。美味しかったなあ。試作も。

しかし時間というのは残酷です。誰しも平等に過ぎていきます。はまぐりのメニューはまた来年。ハム是非食べてね。汗と涙と工夫と試行錯誤が詰まって、より美味しくなっています。
今週の空席状況です。

11日〜14日まで、ありがたいことにテーブルは満席です。美沙緒さんが昨日のお休みで日本酒のセミナー行ってきたみたいですので、カウンターで成果を聞けるかもしれませんよ!美沙緒さんお願いしますね!

今月は18、19、21、23、30日に貸切をいただいています。時間帯によってご案内も出来ますので、お気軽にお電話ください!

03-6455-1939

久松農園さんの野菜ジュース!

Posted on

大好評、久松農園さんの野菜ジュース。

トマトジュースに加え、にんじんジュース、ただいまです!


トマトは久松農園さんの顔と言っても良いのではという野菜のひとつ。味を整えるお塩は、5th cafeでおなじみの糸島「またいちの塩」(にんじんジュースも)。エグミがなくさらさらと、しかししっかりと味の乗った、トマトジュース好きには堪らない味です。

にんじんジュースは、塩の他に国産レモン。まるでリンゴのような香りと、自然な甘み。にんじんってこんな甘みがあったの?と驚くこと請け合いのネクタータイプです。

どちらも冷やしてご用意します。また、お土産用にも2本セットでご用意できますので、ご家族にもお裾分けして欲しい!

こちらもちろんカフェタイムからの提供です。

そして今日も農園から野菜が届きました。



こんな風に、とても丁寧に包まれて届きます。久松農園さんの野菜は姿かたちがとても綺麗なことも、特筆に値します。ベテランスタッフさんたちの仕事っぷりが光りますね。

僕はといえば、少々お疲れ気味…

頂き物の和歌山の梅干しを、扇原茶園さんの玄米茶にいれて飲んでいます。タケチくんありがとう。

カフェタイムスタート!

Posted on

・渋谷で夕方、待ち合わせまで時間がある

・ワークスペースを探しているけれどどこも混んでいる

・美味しいコーヒーが飲みたい!

・夕方から軽く一杯はじめたい

そんなご要望にお応えして、5th cafeではカフェタイムをスタートします!

 

6月4日からスタート!

ドリンクはオリジナルブレンドのコーヒー(フレンチプレスで約2杯分)と白石さんのシナモンティー(茶葉不使用の100%国産のシナモン!) はホットの他、水出しのアイスもご用意。ビールやワイン、サングリアももちろん楽しめます。

フードは今のところ、「本日のマフィン」のみをご提供します。マフィンおじさんが日替わりで焼き上げます。

 

こちらはバニラシュガーマフィン。

 

店舗では電源のある席をご用意の他、フリーWiFiも来週には設置します。近くのスタ◯さんなどのカフェでお仕事をしていたノマドワーカーの方にもゆったり使っていただけるシチュエーション。お打ち合わせにもどうぞ。今のところはユーッタリ使っていただけます。

営業時間はこちら。
カフェタイム

16:00〜 火、木、金、土、日

*月、水はカフェタイムは行いません
ディナータイム

18:00〜25:00 平日

17:00〜25:00 土、日、祝

*ラストオーダーは24時
お気軽にお越しください!

ペコロス登場。

Posted on

ペコロス。

可愛い響きですね、ペコロス。響きからどんなものかは全く想像できませんね。ペコロス。

ジャン!

IMG_8241.JPG

ペコロスかわいいよ。

こんな感じです。

Wikipediaによると、ペコロスって日本独自の名前なのだそうです。小さい玉ねぎで、とても甘味のある野菜です。

スープなどにマルっと入れるのが一般的ですが、5th cafeではオーブンで中までとろとろにして、お客様に剥いて召し上がっていただきます。味付けは自家製のスモークソルト。またいちの塩をアレンジしてみました。

スタッフいわく「まるでライチみたい」というプリップリなお顔、驚くほど甘い味わい。官能的でございます。数量限定、オトナな紳士淑女に是非召し上がっていただきたいお野菜です。
で、こちらは「ルッコラと自家製スモークチーズのサラダ」。ドレッシングはあまり華美にならないように、ルッコラの味わいを楽しんでいただく一皿です。

 

IMG_8248.JPG

ルッコラと自家製クリームチーズのサラダ

なんと残念ながら終売です。久松農園さんの野菜はあくまで旬と鮮度にこだわります。旬は一瞬…メニューも驚くほどのスピード感で作っていかねばなりませんが、楽しみと驚きを常に自分が感じながら作っています。
今日、明日はテーブルでお席ご用意できます。

ゆったりしている分、丁寧に色々お伝えできるかと思います。カウンターもおすすめですよー。

 

IMG_8232.JPG最近のカウンターはこんな感じに。

日本ワインにより親しんでいただけるよう、工夫中でございます。