5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

News

酒井ワイナリー「まぜこぜ」

Posted on

あったかくなると白ワイン。秋口からは赤ワイン。やはり人は正直です。ということでこの季節は白ワインがたくさん出ます。5th cafeでは日本のワインのみを常時12〜20種類取り揃えています。普段なかなか手に取りにくい日本ワインの魅力を楽しんでもらいたい、その想いから。実際飲むと美味しいんです。日本人の口に合う、それこそ遺伝子レベルで身体が馴染むのかもしれません(大袈裟?いえいえ「マドレーヌを紅茶に浸す」ようなものだと僕は思います)。

 

ジャン!

そんななか、先月からとても人気があるのがこの一本。

酒井ワイナリーさんの「まぜこぜワイン」!山形は南陽市赤湯のワイナリー。あの辺りは本当に一面葡萄畑です。山あいに広がる葡萄には圧倒させると思います。これからの季節は見頃でしょうね。僕も実家に帰るお盆あたりには必ず寄って、デラウェアを箱買いします。

さてこの「まぜこぜワイン」。説明書きに「我が家のワイン」とあるところがまたキュンキュンします。かいつまむと、自然にオリが沈んでくるのを待って上澄みを取り出す製法をとっている酒井ワイナリーさんの、オリの部分を全てまぜこぜにしてまた上澄みをとったのがこのワイン。珍しいですよね。じゃあ味は適当かといえば全くそんなことはなく。一言で言えば複雑系。甘くもあり辛くもある。フルーティでありながらしっかりしたボディも感じられる。基本的に軽やかな飲み口ですが、口のなかから鼻腔までいろんな表情を見せてくれるワインです。それでいて方向に統一感があるのは、やはりテロワールを一にした葡萄だからでしょうか。

 

まぜごぜー

ううむ。不思議だ。しかし美味い。赤も白もオススメです。むしろ一度飲んだ方がリピートしていくので、あまり勧めると即在庫が…(ちなみに白は後1本)

なので早い者勝ちです。これを逃すと次の入荷は来月頭(ワイナリーに在庫あれば)。。

しみじみ

 

今週は連日たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。お席がなかったお客様、本当に申し訳ありませんでした…いつもはほぼ必ずお席あるのが自慢なのですがね…(それはアカン)

昨日は竜司君のご両親がご来店くださいました。親御さんに来てもらえるお店って、やはり嬉しいです。竜司君はオープンからずっと頑張ってくれている唯一のスタッフです。彼無しでは5th cafeはあり得ませんでした。ありがとう竜司君。たまに図らずも物を壊す癖は直してくださいね。

写真はお土産のもみじ饅頭。僕は絶対に漉し餡派です。お茶は島根の玄米茶。メニューにあります。ここにタケチくんからいただいた和歌山の梅干しを落として飲むのが最近のブームです。梅干しにはクエン酸もあるので、夏バテ防止で今週末も頑張ります。

夏野菜の季節です。

Posted on

今日はまさに模範的な梅雨入り後の空模様ですね。

自分は山形の出身ですが、高校生の時はこの季節の空の感じがとても嫌いでした。盆地で周りは四方八方山に囲まれ、鈍色の雲に覆われる…

でも今思えば、そこはとても美しい田園風景だったのだろうなと思います。草木は緑を濃くし、紫陽花がそこかしこに色とりどりに咲いていて、ツバメが巣を張り、夜は蛙が大合唱。エアコンなんてもちろん家にも学校にもありませんでしたから、梅雨時の湿り気とひんやりとした空気感は、今も肌感覚に残っています。都会ではなかなかに忘れがちな感覚ですが…

 

ジャン!

 

届き始めました。夏野菜。トマトは初物としてはしっかり味が乗っています。少しシャリシャリと固めの食感も初!という感じです。

 

ジャジャン!

ピーマン。こちらもお初。塩を振って軽く炙って、種ごと召し上がっていただきます。瑞々しさと香ばしさが絶妙です。

 

ジャジャジャン!

そして名物のHATAKEです。

この彩りを見ると、ああこの季節がやってきたなあと感じます。夏が近づいてきました。

5th cafeももうすぐ2周年。

限定メニュー!セロリ編

Posted on

最近なかなかに忙しくさせてもらっていて、新しいメニューを撮影することができていません。。写真を撮る前に旬が終わるという悲劇的なメニューも…(嗚呼ルッコラよ蛤よ)

そんな訳でお客様に撮ってもらいます。梅野さんいつも素敵な写真をありがとうございます!


大山鶏の胸肉を自家製ハム仕立て。セロリとオレンジをアクセントに。

元は久松農園さんのセロリを味わってほしい!という想いからスタートしたこのメニュー。まさかのセロリ終了という憂き目に負けず、めでたくメニューインを果たしました。

香り豊かで、味も深い久松農園さんのセロリ。とはいえ苦手意識の強いセロリをどうエスキスとして口にしていただけるか。

はじめはこんな感じの試作でした。

こんなに胸肉食べたの初めてだわ竜司君。いっとき毎日食べました。


それがこうなりました。

鳥の胸肉には疲労回復物質がたくさん含まれているのだそうです。なので我々は疲れ知らずです。なにせあんなに食べましたからね胸肉。

↓こんなメニューもありました。

でっかいはまぐりをゴロゴロセロリとケルナー種のワインで蒸した、名前もないまま一食だけ召し上がっていただいたメニュー。美味しかったなあ。試作も。

しかし時間というのは残酷です。誰しも平等に過ぎていきます。はまぐりのメニューはまた来年。ハム是非食べてね。汗と涙と工夫と試行錯誤が詰まって、より美味しくなっています。
今週の空席状況です。

11日〜14日まで、ありがたいことにテーブルは満席です。美沙緒さんが昨日のお休みで日本酒のセミナー行ってきたみたいですので、カウンターで成果を聞けるかもしれませんよ!美沙緒さんお願いしますね!

今月は18、19、21、23、30日に貸切をいただいています。時間帯によってご案内も出来ますので、お気軽にお電話ください!

03-6455-1939

フリーWiFi使えるようにしました。

Posted on

火・木・金・土・日の16時からカフェタイム。

今日から5th cafeのWiFiをフリーで使っていただけるように設定しました。


図らずも只今理想的な使い方をしていただいてます。(カフェタイムは月・水休みだよ!笑)

ワーキングスペースとしても使っていただけるようにと思っています。

もちろんコーヒーは美味しいよandマフィンも美味しいよ!


こちらは本日のマフィン。レモンカスタードフィリング。マフィンおじさん今日も老体に鞭打ち頑張ります。

 

スパークリング日本酒「すず音」再入荷!

Posted on

久しぶりの登場です。

スパークリング日本酒「すず音」、多くのリクエストにお応えして3種類届きましたよ〜。

ジャン!すず音3人衆

ジャン!すず音3人衆

一番左は、よく見かけることもありますね。スパークリング日本酒のファーストランナー、「すず音」選手です。

IMG_8393

一ノ蔵の鈴木社長に以前お話を伺いました。

瓶内発行させる「すず音」を作る過程の当初の困難(コントロールが難しく、時に破裂するので、フルフェイスのヘルメットを着用していた、、、など)や、発泡性の日本酒への理解が乏しく、こんな酒売れないと突き返されたり、、、と。

スパークリング日本酒が一斉を風靡している今となっては考えられないですが、それらを乗り越えてきた「すず音」には、伝統と確信をまとった風格すら感じられます。

IMG_8398

そしてこちらはとても華やかなボトル「花めくすず音」。

地元産の黒豆・黒紫米を抽出した色合いを加味し、ほんのりピンク色。女性に是非オススメしたい一本です。デートでまずは「花めくすず音」で乾杯。なんて楽しみ方もアリですよ5th cafeをご利用の紳士の皆様!

そして中央にあった、見慣れない「すず音」。

IMG_8400

こちら、「すず音 GALA」。

まだ試験的に酒販店を限定して取り扱っている、生産量も完全限定の「すず音」です。

アルコール度数を9%(通常の「すず音」は5%程度)と高めに設定。甘すぎず上品な味わいは、酒サムライのルイスさんをして「シャンパンに負けないよ!」と言わせしめた一本。こちらは数量完全限定の入荷です。値段は少し高めですが、その価値は十二分にあります。

 

東京もそろそろ梅雨入りでしょうか。ジメッとした空気を、シュワシュワでスッキリ。「すず音」、おすすめですよ。

 

今週は8日(月)〜11日(木)の平日が、まだお席にゆとりございます。週末はワイワイとカウンターでお待ちしています。

ディープに飲みたい方は月〜水にカウンターで。日本酒もワインも種類豊富ですのでどんど来い!という感じです。隠しているお酒も出しちゃうぞ!

カフェタイムスタート!

Posted on

・渋谷で夕方、待ち合わせまで時間がある

・ワークスペースを探しているけれどどこも混んでいる

・美味しいコーヒーが飲みたい!

・夕方から軽く一杯はじめたい

そんなご要望にお応えして、5th cafeではカフェタイムをスタートします!

 

6月4日からスタート!

ドリンクはオリジナルブレンドのコーヒー(フレンチプレスで約2杯分)と白石さんのシナモンティー(茶葉不使用の100%国産のシナモン!) はホットの他、水出しのアイスもご用意。ビールやワイン、サングリアももちろん楽しめます。

フードは今のところ、「本日のマフィン」のみをご提供します。マフィンおじさんが日替わりで焼き上げます。

 

こちらはバニラシュガーマフィン。

 

店舗では電源のある席をご用意の他、フリーWiFiも来週には設置します。近くのスタ◯さんなどのカフェでお仕事をしていたノマドワーカーの方にもゆったり使っていただけるシチュエーション。お打ち合わせにもどうぞ。今のところはユーッタリ使っていただけます。

営業時間はこちら。
カフェタイム

16:00〜 火、木、金、土、日

*月、水はカフェタイムは行いません
ディナータイム

18:00〜25:00 平日

17:00〜25:00 土、日、祝

*ラストオーダーは24時
お気軽にお越しください!

生パスタが新しくなりました!

Posted on

好評の久松農園さんの野菜を練り込んだ生パスタ。

人参のペンネから「トマトのスパゲッティ」になりました。

米粉も配合してもちもち感のある生パスタ。

 写真は「オマール海老のトマトクリームソース」。

これから夏野菜を使ったメニュー、登場しますよー。

スパゲッティタイプなので、冷製パスタにも活躍してくれそうです。

お子さまがいらっしゃるママ・パパ向けランチセット(貸切)スタート!

Posted on

5th cafe Udagawaは、2月より小さいお子さまがいらっしゃるママ・パパが、気軽にランチを楽しめるセットをご提供いたします。

・小さいお子さまがいらっしゃると、気になって外食を控えがちになってしまう…

・少人数のママさんランチをしたいけれど、良い場所が見つからない…

・仲の良いご家族同士、お子さまを遊ばせながら外で食事したい…

そんなママ、パパのお声にお応えし、5th cafeを少人数で貸切でお使い頂けるランチです。

kids_店内kids_イス

[メニュー]

アミューズ(野菜の冷製ポタージュ)

久松農園(有機・無農薬栽培)のHATAKE(バーミキュラの温野菜)

本日のパスタ(2種よりお選び頂けます)

デザート

ドリンク各種(食前or食後)

 

 

[お時間]

12時30分〜13時より承ります。

16時まで、貸切でゆったりお使いいただけます。

 

[料金]

大人おひとりさま 2,500円(税込・現金のみ)

大人4名さま〜6名さまでご利用いただけます。

 

[特記事項]

・お子さま用のイス、スペースもございます。(店内の様子は写真をご参照下さい)

・お子さまのお食事、お飲み物は現在ご用意しておりません。

(簡単なドリンクなど検討中です)(お湯の用意はございます)

・ドリンクはカフェインレスメニューございます。

・お子さまのお食事は持ち込みOKです。(お子さま用の食器の用意はございます)

・貸切(1組様のみ)ですので、他のお客様を気にせずご利用いただけます。

・保育士の有資格者(女性)がスタッフにおります。

・食材の納品がある場合がございます。

・要予約です。2日前までのご予約をお願い致します。

(イベントやスタッフ状況によって、お受けできない場合がございますので、1周間前までのご予約をおすすめいたします)

・通常、ランチ営業は行っておりません。ご予約なくご来店いただきましても、ご対応はできかねますことをご了承ください。

 

[ご予約・お問い合わせ]

お電話:03-6455-1939

メール:reserve@5thcafe.net

Facebookページからメッセージにてお問い合わせも承ります。

https://www.facebook.com/5thcafeUdagawa

(担当:伊藤)

 

ジビエ料理や有機野菜を楽しめる、横田渉シェフのランチコースイベントを2ヶ月連続で開催!|5th cafe Udagawa

Posted on

5th cafe Udagawa(フィフスカフェウダガワ)を運営する株式会社Qwadateは、昨年10月に初の著書「やっぱり肉料理 カルフォルニア・キュイジーヌのとっておきレシピ」が好評の横田渉シェフを招き、本格ランチコースを楽しめる【with Wataru Yokota】を、1月25日、2月22日に開催いたします。

素材を活かし、造り手のストーリーを表現する横田渉シェフ
横田シェフは、野菜や調味料の生産者との交流を通して、素材の魅力を活かし、造り手の想い・ストーリーを皿の上で表現することに定評があります。【with Wataru Yokota】では、5th cafe Udagawaのメニュー監修も務める横田シェフの「素材料理」を、シェフ自身の調理とトークで楽しんでいただけます。

トレンドのジビエ料理や、注目の生産者から届く有機野菜、限定の日本ワインをメニューに
メニューは、著書「やっぱり肉料理~」から牛肉やイノシシ肉、蝦夷鹿肉といったジビエのレシピを取り入れ、本とのコラボレーションを行ったランチコースです。また、5th cafe Udagawaで常時メニューインしている、今注目の有機農家「久松農園」の旬の有機野菜もふんだんに盛り込みます。
ドリンクはお料理に合わせて、5th cafe Udagawaのラインナップから日本ワインと日本酒の3種をご用意いたします。当日のみご提供する数量限定の日本ワインもございます。

IMG_5820

日時:(1)2015年1月25日(日)12時30分~/(2)2月22日(日)12時30分~
((2)の時間は予定、(1)(2)ともにメニュー内容は異なります)
料金:お一人様5,000円(税込)
ノンアルコールのお客様は4,500円(税込)

横田渉 プロフィール:
1980年生まれ、岡山県出身。2000年、調理師専門学校卒業後、渡仏。帰国後、「Narisawa」の成澤由浩オーナーシェフに師事。2007年、自由な料理の可能性を求めて渡米。「TERRA」「ame」のHiro Soneオーナーシェフに師事。ナパ、サンフランシスコのレストランを拠点にニューヨークでも働き、カリフォルニア・キュイジーヌの経験を積む。2011年、帰国。東日本大震災被災地でのボランティア活動を経て、「六本木農園」シェフ就任。2013年よりフリーランスで活動中。5th cafe Udagawaでは、オープンからメニュー開発、レシピ提供を行っている。

—本件に関するお問い合わせ—
株式会社Qwadate
担当:細越
ippei@qwadate.co.jp
電話番号:03-6316-4365
ファックス:03-6730-9681

5th cafe Udagawa
「こだわりの生産者から届く旬の食材やスパイス、日本酒と日本ワインが楽しめるダイニングバー」
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町3-12 5F
電話番号:03-6455-1939
ウェブサイト:http://5thcafe.net/
Facebookページ:http://www.facebook.com/5thcafeudagawa/ (2,902Likes 1月20日現在)
開店日:2013年7月19日

産直の主な食材(契約生産者):有機野菜(久松農園・茨城)/荏胡麻豚(リヤンド松浦・宮城)/塩(またいちの塩・福岡)/もろみ・塩麹(ミツル醤油・福岡)/卵(緑の農園・福岡)/蝦夷鹿(北海道)/無水調理鍋「バーミキュラ」(愛知ドミー・愛知)/食器(DOUBLE=DOUBLE FURNITURE・福岡)他

あけましておめでとうございます【新年の営業のお知らせ】

Posted on

あけましておめでとうございます!
昨年中は心よりのご支援をありがとうございました。
食材や調味料、コーヒー、ワイン、日本酒など、造り手の方々との出会いに支えられ、沢山のお客様に支えられながら、2015年を迎えることができたことに心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
「造り手の想いを届けるアンカーである」という想いのもと、新年もより一層の精進致します。ご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

5th cafe Udagawa
細越一平

【新年の営業のお知らせ】

5th cafe Udagawaは、5日より新年の営業をスタートします。
仕入れの関係にて、5日は変則的なメニューになりますことをご了承下さいませ。

ご予約は電話 03-6455-1939(転送にて対応)の他、
cena:http://yoyaku.tabelog.com/tokyo/A1303/13158245/
一休.com:http://restaurant.ikyu.com/103617/
にて承ります。

なお、今のところ8日(木曜日)、17日(土曜日)は貸切のご予約を頂いております。
新年会でも5th cafeを是非ご利用下さい!

新しい年、昨年末に来れなかったお客様も、気軽にお越しくださいね!