5th cafe Udagawa|フィフスカフェウダガワ

日本酒

牡蠣と芽キャベツのアヒージョ&「富久長 海風土」!

Posted on

12592038_10207405724834264_1738027172_o

新メニューです。芽キャベツのほろ苦さと旨味滋味を存分に楽しめるお料理ですよー。

畑の芽キャベツが無くなり次第終了ですので、早い者勝ちです!

自家製のフォカッチャと合わせて。

また、こんな日本酒もありますよ!

ファイル 2016-01-26 15 16 24

今田酒造本店さんより、「富久長 海風土(sea food)」!

白麹で酸を立たせて、海産系の洋食に合わせることを考えた日本酒だそうです。

好みだなー。

秋の味覚登場してます!

Posted on

先日の大雨にて被災された方々には心からお見舞い申し上げると共に、早期の復旧を心よりお祈り申し上げます。

個人的にも、甚大な被害に合われた常総市は、学生の時に何度か訪れたことがあったり、友人の実家があったりと、他人ごとではなく感じています。天災においては人間の非力さを改めて痛感させられますが、微力でも何かできないかと思っております。

 

東京、渋谷は昨日、ようやく晴れ間が訪れました(と思ったら突然の土砂降りに見舞われましたが…)

9月に入ってから、はじめての太陽だったように思います。8月下旬以降、天候に恵まれず、飲食店としてやきもきしていますが、農業に携わっている方々のことを考えるとまだまだ全然。自然を相手にするということの難しさを感じさせられます。

そんな中、久松農園さんからはちゃんと野菜が届きました。

ファイル 2015-09-12 13 17 38

簡単に言いましたが、この「ちゃんと」ということが実は本当に有難い。

「鮮度高く」=「到着前日の、ぬかるみ冠水した圃場からでも収穫作業を行い」

「状態良く」=「大雨や極度の日照不足でも品質の劣化が無く」

「定期的に」=「劣悪な天候でもスケジュール通りに」

「適正価格で」=「価格の高騰などなく」

届けてくれる農園があるからこそ、5th cafe Udagawaではお客様に自信を持って料理を届けられます。もちろん、他のお取引のある生産者さんにも言えることですが、このような状況下でも我々が仕事ができるのは、こういったプロフェッショナルな生産者の皆さんのおかげであると、改めて実感するとともに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

ファイル 2015-09-12 13 29 30

 

先日のHATAKEの様子。写真はお客様に送って頂きました(目の前で笑)

 

さて季節も一気に秋になりました。秋といえばひやおろしの季節ですね!

 

 

 

 

ファイル 2015-09-12 13 11 15

続々入荷中!昨日は営業中に美沙緒さんがアリサワ醸さんの「文佳人」ひやおろしを持ってきてくれました。

そして秋といえば秋刀魚!

ファイル 2015-09-12 13 08 49

 

じっくり低温で4時間、増島農園さんのキノコたちとともにコンフィに。

色艶そのまま、身にはオリーブオイルの香りを纏い、骨まで食べられるコンフィ完成です。

ファイル 2015-09-12 13 33 07

ファイル 2015-09-12 13 33 23

秋刀魚くん。愛してやまないお魚。秋になると無性に食べたくなりますね。

先日はまかないで塩焼きに。竜司くんと話していたのですが、個人的に好きな魚のツートップは、

2位:さんま

1位:いわし

でした。別に行数使うまでもないですね。。。

そうそう、好きな魚といえばサバも。

ファイル 2015-09-12 13 40 02

 

サバを野菜出汁と白ワインビネガー、富士酢でマリネして、(個人的に懐かしの)炙る。

アンチョビ風味の焦がしバターで風味豊かに仕上げます。

写真は真サバですが、旬のゴマサバが仕入れられた時に作ります。その時はフェイスブックページでお知らせしますね!

他にも手間ひまかけたオーブン煮込み料理、パスタなど新作どんどん投下中です!

秋の味覚を5th cafeでお楽しみ下さい!

 

 

 

「初緑」「阿櫻」「寿喜心」入荷です!|今日の日本酒リスト!

Posted on

「奥の松」純米吟醸 原酒

福島県二本松市:奥の松酒造 安達太良山の伏流水を使った香り豊かな一本。

「初緑」特別純米 無濾過生原酒

岐阜県下呂市:奥飛騨酒造 岐阜県産「ひだほまれ」を使った旨味あるお酒。

「初緑」純米吟醸 無濾過生原酒

岐阜県下呂市:奥飛騨酒造 山田錦の香りを存分に楽しめます。

「寿喜心 ことほぎ」特別純米 無濾過原酒 中汲み

愛媛県西条市:首藤酒造 5thでは定番の「ことほぎ」雄町の旨みでてます!

「阿櫻」特別純米 無濾過原酒

秋田県横手市:阿櫻酒造 こちらも定番「阿櫻」の雄町!飲み比べも◎!

「澤乃泉」純米大吟醸 登米産つや姫100%

宮城県登米市:石越醸造 杜氏の穏やかな笑顔のようなお酒です。

「澤乃泉・夏涼」純米大吟醸 原酒

宮城県登米市:石越醸造 「蔵の華」の持つ華やかさと爽やかな喉越し。イチオシ!

「大七」純米吟醸 皆伝

福島県二本松市:大七酒造 きもと造りの純米吟醸。2年もののヴィンテージ。

 

 

すず音

瓶内醗酵で生まれる繊細な泡は、まさに日本酒新時代を告げた一本。

花めくすず音

すず音をベースに、宮城県産の黒豆・紫黒米由来の色素でほんのり ピンクに。お祝いごとも、乾杯にもピッタリ!

今日の日本酒リスト!

Posted on

「奥の松」純米吟醸 原酒

福島県二本松市:奥の松酒造 安達太良山の伏流水を使った香り豊かな一本。

「真野鶴」辛口純米酒

新潟県佐渡市:小畑酒造 食中酒として最適な、スジの通った一本!

「黒牛」純米

和歌山県海南市:名手酒造店 黒牛のスタンダード。どっしりとして記憶に残る。

「刈穂」white label 純米 生

秋田県大仙市:刈穂酒造 白麹使用、甘味と酸味が特徴的な夏酒。

「米鶴」盗み吟醸 丸吟 生

山形県東置賜郡:米鶴酒造 品切れ続出、米沢の雄より爽やかな食中酒。

「蒼天伝・美禄」特別純米 初呑み切り 夏風薫る 暁の輝路

宮城県気仙沼市:男山本店 年4回限定の美禄、夏酒来ました!

「真鶴」純米吟醸

宮城県加美郡:田中酒造店 独自の精米技術で磨き上げる、「酒」!

「澤乃泉」純米大吟醸 登米産つや姫100%

宮城県登米市:石越醸造 杜氏の穏やかな笑顔のようなお酒です。

「澤乃泉・夏涼」純米大吟醸 原酒

宮城県登米市:石越醸造 「蔵の華」の持つ華やかさと爽やかな喉越し。イチオシ!

「大七」純米吟醸 皆伝

福島県二本松市:大七酒造 きもと造りの純米吟醸。2年もののヴィンテージ。

今日の日本酒

Posted on

「奥の松」純米吟醸 原酒(福島県二本松市:奥の松酒造)

安達太良山の伏流水を使った香り豊かな一本。

「真野鶴」辛口純米酒(新潟県佐渡市:小畑酒造)

食中酒として最適な、スジの通った一本!

「黒牛」純米(和歌山県海南市:名手酒造店)

黒牛のスタンダード。どっしりとして記憶に残る。 

「白瀑」瓶燗火入れ 急速冷却 低温瓶貯蔵(秋田県山本郡:山本)

白神山地天然湧水仕込み 食中酒としても。

「金龍」木桶仕込み 特別純米生酒(宮城県大崎市:一ノ蔵)

金龍蔵に唯一残る木桶を使い、繊細に仕込んだ生酒!

「澤乃泉」純米大吟醸 登米産つや姫100%(「宮城県登米市:石越醸造)

杜氏の穏やかな笑顔のようなお酒です。

「大七」純米吟醸 皆伝(福島県二本松市:大七酒造)

きもと造りの純米吟醸。2年もののヴィンテージ。

 

すず音

瓶内醗酵で生まれる繊細な泡は、まさに日本酒新時代を告げた一本。

花めくすず音

すず音をベースに、宮城県産の黒豆・紫黒米由来の色素でほんのり ピンクに。お祝いごとも、乾杯にもピッタリ!

すず音 GALA

すず音とは全く異なったコンセプトの「GALA」。アルコール度数9%と 高め、お米のシャンパンとも言われる、完全限定のすず音。

新メニューと日本ワイン、日本ワインおすすめ。

Posted on

昨日はぶらり品川の旅からの貸切営業でした。

 

うおお…

お店にある琥珀ヱビス樽生を完膚なきまでに飲み干していただきました。生樽がなくなるまで飲み放題。飲食店としてどうなの?という疑問はさておき笑、とても大切な常連様のパーティーでしたので、楽しんでいただき何よりでございます。

(店の樽生がなくなったのは人生初…)

さて今日もお気に入りの頂き物タンブラーに自家製オランジーナ詰めて絶賛仕込み中です。

サバのリエット。

ピンクペッパーをあしらって、久松農園さんのキュウリとともに。

サバの風味がシンプルな分だけ、久松農園さんの味のあるキュウリが活きます。口の中で二つの香りが混じり合って、仲良く手を取ってくれました。

キュウリの代わりにクルトンをおつけすることもできますし、お手製のフォカッチャに塗ってもいいですね。

これに合わせたいワインはこちら。


コバヤシワイナリー「ドメーヌ ショオ デラウェア」。

デラの華やかな香りと確かなボディ。惚れます。


ちょっと明るさのバランスおかしいですがご愛嬌。

奥出雲ワインの白。限定2本で入荷です。軽快で楽しいワインです。キュウリとの相性も素晴らしい。

あとは日本酒との相性も良いでしょうね!

僕の愛してやまない真野鶴。キリリした味わいはまさにキングオブ食中酒。佐渡の日本酒ですから、当然海のものとの相性は抜群。サバの臭みを魅力に変えるなら絶対こちら。

今週は比較的穏やかなご予約状況です。皆さんのお越しをお待ちしています!

最近、カウンターで一人ゆっくり本読んでいただくなんてのも悪くないなと。ちょこちょこうちの本を持ってこようかと思います。ロスコ…

 

Sasastoreにて「澤乃泉 夏涼」が購入できるようになりました。

Posted on

5th cafe Udagawaでは、お店で試して気に入ったお酒を購入出来るECサイト[Sasastore]を運営しています。

sasastore

より日本酒を身近なお酒に。でもなかなか日本酒は種類も銘柄も多くて、自分の好みの一本を見つけるのは難しいですよね。だから探す楽しみがあるのですが、、「お、この日本酒美味しい」と思って家で飲もうかな,,,と思っても今度は販売している酒屋さんを見つけるのが大変。じゃあやっぱりとりあえずビールと、手頃なワインを買っておこうか。。。と。

日本酒好きな我々スタッフとしてはそれはちょっと寂しいんですね(竜司くんは最近ひとりトラットリアでワイングラスを傾けているそうですが)。なので、我々で酒屋さんを作ることにしました。といっても酒販免許は取得が大変、思い立って2年、要約昨年に免許をいただけました。通信販売限定で、種類もこれから拡張していきますが、自分たちが本当に美味しいと思ったお酒や、ちょっと珍しいお酒をおすそ分けできればと思っています。

今日は夏らしいお酒!ということでこちらをご紹介。

sawanoizumi_karyo1

「澤乃泉 純米大吟醸 夏涼」

5th cafeではおなじみの宮城県登米市の【石越醸造】さんの夏酒です!

5th cafeに入荷して、まず真っ先に無くなってしまったこのお酒。夏に飲む日本酒らしく、爽やかな飲み口と華やかな香り。それでいてお米の味もしっかりと楽しめる、流石!の一本です。純米大吟醸でありながらコストパフォーマンスも良し!ワイングラスや口の広いグラスで冷やを頂くのがオススメです。

よく「日本酒は開けたらすぐ飲まないとダメになってしまうのでは?」と訊かれることがありますが、開栓後も冷蔵庫に入れてしまっておけば、1〜2週間は余裕で持ちます。新聞紙でくるんでおけばなおのこと良し。ただ、残り100mlを切ってきたら味が変わりやすいので、その時は飲みきってしまいましょう。開栓後1〜5日くらいは、日々変わっていく味わいを楽しむのも通ですね!(あまり知られていませんが、開栓後1〜3日くらいのお酒の方が安定して旨味を感じられることも多いのですよ)。

 

今週はSasastoreにも新入荷の日本酒を増やします(在庫はあり、登録を待っている状態です)。その都度ご紹介していきますね。ピンときたお酒があったらぜひご購入下さいませ!

 

 

Posted on

梅雨ですね。おかげさまで今日も朝から多忙かつゆったりな時間を過ごしております。

と言いますのも、僕の場合、自宅が事務所兼住居なものですから、起きた瞬間から仕事をはじめられる嬉しくも悲しい状況な訳です。3日に2回はクロネコヤマトさんの午前着便で起こして頂けます。安眠妨げられた上に今日などはびしょびしょになったヤマトさんの屈強なおっちゃんと爽やかに挨拶を交わす訳です。「雨大変ですね」「そうですね」。「振ったりやんだりですね」「そうですね」。

 

今日はECサイトの商品が届きまして、撮影などをしておりました。

撮ったことがある方ならお分かりかと思いますが、日本酒の瓶の撮影は本当に難しいのです。色々と工夫してきたのですが、最近はもう諦めと妥結点をどこで見出すかの一点です。その他の文字情報や、これから動画を付与することで、商品の良さを伝えていきたいと思っています。

IMG_8581.JPG

こちらは商品ではありません。

こんな感じでね。ラベルをバシッと寄って取れればカッコいいのですが。これでは日本酒の商品写真にはちょっと不向きです。カッコいいのですけどね。。

どんッ

どんッ

そして。チクショウ!ですよ。最後にiPhoneで撮っただるまくんが一番シャキッとして撮れているというね。やはり彼はキメてきますね。

一応商品写真は個人の一眼レフで撮ります。だけどこれは正直ブツ撮りにそぐうカメラではなくて…PentaxのK200Dというカメラです。知る人ぞ知る悲劇のカメラです。でも個人的にはCCDの色味が好きでですね。。。ちなみにこのカメラ暗所での撮影にめっぽう弱く、室内でもすぐ音を上げます。あ、撮影も事務所兼自宅です。

ちなみに、只今新商品登録真っ最中のSasastoreはこちらです。来週明けにはどんとバリエーション増やしてご紹介できる予定です。

http://store.sasa.today/

ギフト包装の時は、美沙緒さんがこんな感じに包んでくれます。

IMG_8634

 

気になるお酒の多くは、5th cafeで飲むことができます。逆にECのみの販売ですので、5th cafeで飲んで美味しかったお酒を、その場で注文することも可能です。

 

実は弊社、最近動きがございまして。書類関係のしわ寄せが全てワタクシに来ております。そんな訳で一層バタバタしている次第でありますが、最近これ試し始めました。

ジャン!

ジャン!

東北風土マラソン&フェスティバルの打ち上げで、疲労困憊の上にガンガン飲んだにも関わらず、アミノバリューを1リットル位飲んだら翌朝凄い元気だった!という思記憶から、最近アミノ酸系飲料を探しておりまして。これはクエン酸も入っているから疲労回復に効くのではないかと。

粉末なので水に混ぜるとこんなふうになりました(なってしまいました)。

IMG_8683

 

なんだこれは。でもケミカルで味はなかなか。ちょっと続けてみようかと思います。

個人的に最近興味があるのはどくだみ茶なんだよなあ。。。うちの容子さん(祖母です)がむか~しすごい臭いにおいのお茶を飲んでいましたが。最近むくみがひどくて試してみたいなーと思っております。

 

最後に、最近のハタケです。

FullSizeRender

色み増してきましたね。昨日の貸切のお客様にも非常に好評頂きました。久松農園さんの野菜は味がしっかりしているんですね。甘さ、苦み、時にエグミ、そういった味わいが複雑に組み合わさって、しっかりとした味わいになっているのだと思います。

 

本日は20時から貸切営業となっております。

お店は15時よりカフェタイムでオープンしますので、お時間ある方はぜひ遊びにいらしてくださいね!

今週の日本酒ラインナップだZ!

Posted on

竜司くんのご両親にいただきました。岩国五橋の「five」。これ旧字体の五なんだそうです。Zに見えますよね…それにしても美味しかった!ありがとうございました。
ついに東京も梅雨っぽい感じになってきました。今日は外に出るときに窓を閉めてきたかが心配でなりません。

僕の住んでいるところはまあいい感じの住宅街で、当然近くには線路だったりそれなりに交通量の多い道路だったりがあるのですが、不思議に全く騒音という騒音がありません。ちょっと怖いくらいに静寂です。多分実家よりも静か。そして聞こえてくるのは鳥のさえずりだったり雨音だったり。なんだか森の中のような錯覚さえ覚えたり…は流石にしませんね。言い過ぎました。それでもノイズから耳を開放してあげられるのはそれだけでご褒美だったりします。

最近のお気に入りは、窓を開けて、小さなソファ(居抜きで譲ってもらった)に座って外をぼんやり眺めること。と言っても大抵は忙しくてそれもできませんが、たまーに2、3分そうするだけで、少し落ち着くことができます。雨音もなかなか豊かなものです。

 

さて大好評完売のすず音様、3本とも再入荷です。

スタンダードなすず音さん、ファン多いですねー。驚きました。デートにぴったりな爽やかなピンク色の「花めくすず音」、完全限定の「すず音 GALA」。梅雨時のジメッとした空気を変えてくれること請け合いです。

そして今週の日本酒。食中酒として楽しんでいただけるラインナップを揃えてみました。

佐渡ヶ島の「真野鶴」。純米辛口の決定版と言って良し。10年ぶりに取り扱いましたが、安定過ぎる。

和歌山の「黒牛」。こちらは僕が日本酒を好きになるきっかけとなった一本です。先日杜氏さんもいらしていただきました。

秋田「白瀑」、こちらも個人的に懐かしの一本。蔵元の山本さんにお会いしたとき、あまりに白瀑のファンだったのできょどってしまったのが懐かしい。

北海道「えぞ乃熊」初お目見えです。生酒ですがくどくなく、爽やかな風味。お試しあれ。

夏酒もどんどんでてきていますが、この季節はこういった定番のお酒もまた美味しく感じます。特に冷房にやられ気味の方は、ぬる燗とかも良いですね。個人的には燗冷ましが最近のマイブームなワタシです。
今週末の空席状況です。

木曜日・21時まで貸切です。22時頃からご案内できるかと思います。カフェタイムは16時〜17時30分までとさせていただきます。

金曜日・20時より貸切です。カフェタイムを15時からオープンします。

土曜日・カウンターでご案内できます。テーブルも21時過ぎより順次空いてくるかと思います。

日曜日・17時より貸切です。カフェタイムはお休みします。20時過ぎよりご案内できるかと思います。

少し変則的になりますが、お席まだご用意できますのでお気軽に お問い合わせくださいね。

03-6455-1939

※今週末はネット経由のご予約は閉じています。お電話にてお問い合わせください。

スパークリング日本酒「すず音」再入荷!

Posted on

久しぶりの登場です。

スパークリング日本酒「すず音」、多くのリクエストにお応えして3種類届きましたよ〜。

ジャン!すず音3人衆

ジャン!すず音3人衆

一番左は、よく見かけることもありますね。スパークリング日本酒のファーストランナー、「すず音」選手です。

IMG_8393

一ノ蔵の鈴木社長に以前お話を伺いました。

瓶内発行させる「すず音」を作る過程の当初の困難(コントロールが難しく、時に破裂するので、フルフェイスのヘルメットを着用していた、、、など)や、発泡性の日本酒への理解が乏しく、こんな酒売れないと突き返されたり、、、と。

スパークリング日本酒が一斉を風靡している今となっては考えられないですが、それらを乗り越えてきた「すず音」には、伝統と確信をまとった風格すら感じられます。

IMG_8398

そしてこちらはとても華やかなボトル「花めくすず音」。

地元産の黒豆・黒紫米を抽出した色合いを加味し、ほんのりピンク色。女性に是非オススメしたい一本です。デートでまずは「花めくすず音」で乾杯。なんて楽しみ方もアリですよ5th cafeをご利用の紳士の皆様!

そして中央にあった、見慣れない「すず音」。

IMG_8400

こちら、「すず音 GALA」。

まだ試験的に酒販店を限定して取り扱っている、生産量も完全限定の「すず音」です。

アルコール度数を9%(通常の「すず音」は5%程度)と高めに設定。甘すぎず上品な味わいは、酒サムライのルイスさんをして「シャンパンに負けないよ!」と言わせしめた一本。こちらは数量完全限定の入荷です。値段は少し高めですが、その価値は十二分にあります。

 

東京もそろそろ梅雨入りでしょうか。ジメッとした空気を、シュワシュワでスッキリ。「すず音」、おすすめですよ。

 

今週は8日(月)〜11日(木)の平日が、まだお席にゆとりございます。週末はワイワイとカウンターでお待ちしています。

ディープに飲みたい方は月〜水にカウンターで。日本酒もワインも種類豊富ですのでどんど来い!という感じです。隠しているお酒も出しちゃうぞ!